それでも払えなかったら強制撤去

それでも払えなかったら強制撤去

それでも家賃の支払いがされなければ、大家さんから強制撤去を言い渡されます。何日までに出てくださいという強制的なもので、それまでに出なければ家財道具を保証人の所に送り付ける事もあるのです。まさかそんな強制的な事はしないだろうと思わないようにしましょう。管理会社によっても対応は異なりますが、厳しい対応をする場合もあるのです。個人が経営しているアパートなどは大家さんが多少大目に見てくれて、撤去の日を引き伸ばしてくれる事もありますが、大家さんによっても対応は異なります。
強制撤去の際には、撤去日がきちんと決められて、それ以降になると鍵が変えられ家財道具も差し押さえられます。家財道具に価値が無い場合や、邪魔な場合は保証人の所に送りつけられるのです。その際の送料や手間賃は当然借主が負担する事となり、膨大な費用がかかる事も予想されます。荷物の梱包から配送までを引っ越し業者に依頼するのですから、普通よりも高額になる事は間違いありません。
家財道具を送り付けられれば、当然保証人も困るわけで、そのような事は絶対に避けなければなりません。その前に必ず滞納分の支払い方法を話しておく事をおススメします。