連帯保証人に連絡がいく

連帯保証人に連絡がいく

様々な手段を使っても家賃の滞納分を支払ってくれない場合や、連絡さえも付かなければ連帯保証人に連絡がいく事となります。賃貸契約を結ぶときには必ず連帯保証人が書かれており、ほとんどの人は安易な気持ちで名前を書いてしまっていると思います。しかし、家賃の滞納も一種の借金のため、保証人に連絡がいく事となるのです。その名前が親ならまだしも、友人や会社の同僚などの場合は迷惑をかける事となり、避けなければなりませんね。それくらい重大なことと思っておくようにしましょう。
連帯保証人に連絡がいっても、必ずしも保証人が支払うわけではありません。支払わないときの連絡先として書かれてあるのみで、通常は話し合いによって借主本人が支払うケースが多いようです。親が保証人になっていれば肩代わりとなって支払う事はあっても、他人が支払ってあげる事はまずないでしょう。借主だって他人に迷惑をかけたくない気持ちから、しぶしぶ家賃の滞納分を支払う事となるのです。連帯保証人が支払うのは最悪の場合で、どうにも滞納分を回収できないときに請求されます。その金額は数ヶ月程度が多く、額としては多くはありませんが、迷惑をかければ今後保証人となってくれる人もいなくなってしまうかもしれませんから、なるべく避けましょう。