内容証明郵便が届く

内容証明郵便が届く

電話での対応でも家賃を振り込んでもらえなかったら、今度は内容証明郵便によって書面で催促がきます。内容証明郵便は書かれている事が証明されているもので、これは裁判に使える書類となります。つまり、今後きちんとした対応をしてくれなければ、この書面を使って裁判を起こしても良いですよという事なのです。実際にこれを使って裁判を起こす例は少ないのですが、それでも証拠となり言い逃れは出来なくなります。この時点で早めに連絡を取って、対処するようにすると良いでしょう。
内容証明郵便が届くのは、1ヶ月〜3ヶ月くらいを滞納した時に来ます。管理会社や大家さんの事情によっても多少異なり、双方に信頼感があれば出されない事もあります。また、法的手段に出れば裁判が長引く事を知っていて、あえて書面にしない場合もあるようです。しかし、裁判に持ち越すしないは別として、この時点で相当印象は悪くなっている事も多く、きちんとした対応を早めに行うことをおススメします。別にローンを利用したり、分割で家賃を支払うようお願いしてみるのも良いでしょう。一度に滞納分を支払えといわれる事は無いと思います。大家さんとしても全てを丸投げされるよりは、少しずつでも良いので支払ってくれたほうが良いからです。