最初に電話がかかってくる

最初に電話がかかってくる

まず家賃を滞納したら、直ぐに大家さんから電話がかかってきます。借主は今どういう状況なのかわかりませんから、事実確認をしなければならないからです。例えば高齢者の一人暮らしなら孤独死しているかもしれませんし、若い女性の一人暮らしで事件に巻き込まれているかもしれません。それに単なる病気で外に出られない可能性もあるでしょう。大家さんはまず、なぜ家賃を支払ってくれなかったのか確認するわけです。
この時点はうっかり振込みを忘れてしまった場合もあるため、厳しく追求される事はありません。数日中に振込みさえすれば滞納金がかかる事もなければ、今後の生活を脅かされる事も無いでしょう。誰だって忙しくて振込み日を忘れたり、病気で銀行に行けなかったことくらいはあると思います。でも本来は事情があったなら、早めに自分から電話すべきだったのです。連絡しにくいかもしれませんが、大家さんから電話が来る事は決まっていますから、気まずくなる前に連絡してしまいましょう。
また、電話が来た時点でどうしても振り込むお金が無いなら、正直に説明してみて下さい。1か月分は前家賃として支払っていますし、敷金や礼金なども預かってもらっているはずですから、1か月分くらいは大家さんとしても想定しています。多少なら融通が利く可能性もあるのです。